おすすめ本を料理のフルコースに見立てて選ぶ「本のフルコース」。
選者のお好きなテーマで「前菜/スープ/魚料理/肉料理/デザート」の5冊をご紹介!

第448回 極上の食べ物本をピックアップ! プレイバック・秋の食欲編

f:id:syoten_nav:20191017101100j:plain

f:id:syoten_nav:20191017101104p:plain

書店ナビ 北海道書店ナビの人気コーナー「本のフルコース」は選者さんが選んだテーマのもと、《前菜》から《デザート》までの5冊を紹介する見立て企画。食欲の秋にぴったりな食べ物にまつわる本が出てきた回3本の総集編を召し上がれ!

スープ 鉄道絵本に強い紙芝居家が選んだ二つ目のフルコース

第409回 紙芝居家「緑ぱんだ」こと 谷内広美さん [2019.1.14]

ふりかえりトーク

現役保育士であり鉄道愛好家でもある紙芝居家「緑ぱんだ」こと谷内広美さん。フルコースのテーマはこちらの期待どおり「鉄道絵本」でしたが、なんと「実在する車両が登場するバージョン」と「絵本らしいファンタジーな列車が主役バージョン」の2種類を作ってきてくれて大感激!

その後者にあたる「年少さんや女の子も楽しい!ファンタジー鉄道絵本」フルコースの《サラダ》と《スープ》本でおいしそうな鉄道絵本を読み聞かせしてくれました。
今からちびっこ用のクリスマスプレゼントを探している皆さん、要チェックです!

魚料理 「料理レシピが知りたいだけならスマホを見れば解決する」

第424回 札幌市図書・情報館 館長 淺野隆夫さん [2019.4.22]

ふりかえりトーク

開館1年目で来館者数100万人を突破した札幌市図書・情報館。"私たちが知っている図書館じゃない"新たなコンセプトや企画が次々と支持を得て、現在も大勢の大人たちがさまざまな目的を持って足を運んでいます。

そんな図書館を引っ張る館長の淺野隆夫さんも、もちろんタダモノではありません。作ってくれたフルコースの《魚料理》本には坂口恭平著『cook』(晶文社)がエントリー。

「レシピはないが希望はある新しいタイプの料理本」の話を聞いてるうちに「本とは何か」という本質にまで話が深まっていった旨味たっぷりのフルコースをいただきました。

デザート アーティストが描く真の食育本は「いちご」味

第437回 ちいさなえほんや ひだまり 青田 正徳さん [2019.8.5]

ふりかえりトーク

北海道の絵本屋さんといえば、みんなが大好き!「ひだまり」の青田さん。2019年の開店25周年を記念して絵本フルコースを作っていただきました。

そのときの《デザート》本が、世界的なアーティストである新宮晋さんの著作『いちご』(文化出版局)。「安易な食育本とは一線を画する世界観」と青田さんが絶賛する魅力をぜひ皆さんとも共有したい、直球いちご味の《デザート》本です。

ちなみに《ごちそうさまトーク》でも絵本作家かとうまふみさんの『ぎょうざのひ』(偕成社)が紹介されています。どんな絵本かは……食べてみてのお楽しみ!

(株)コア・アソシエイツ
〒065-0023
北海道札幌市東区東区北23条東8丁目3−1
011-702-3993
お問い合わせ