5冊で「いただきます!」フルコース本 北海道書店ナビ

書店員や出版・書籍関係者が腕によりをかけて選んだワンテーマ5冊のフルコース。おすすめ本を料理に見立てて、おすすめの順番に。好奇心がおどりだす「知」のフルコースを召し上がれ

第264回 ビブリオバトルサークル「さっぽろビブル」 勝田 翔太さん

5冊で「いただきます!」フルコース本

書店員や出版・書籍関係者が 腕によりをかけて選んだワンテーマ5冊のフルコース。 おすすめ本を料理に見立てて、おすすめの順番に。 好奇心がおどりだす「知」のフルコースを召し上がれ

Vol.40 ビブリオバトルサークル「さっぽろビブル」 勝田 翔太さん

ビブリオバトル経験豊富な勝田さん。大学で面白さに目覚め、社会人になっても継続中。

[本日のフルコース] 読書男子がキュンとした恋愛本フルコース

[2016.3.14]

書店ナビ 札幌の社会人が集まるビブリオバトルサークル「さっぽろビブル」のメンバー勝田将太さん。北海学園時代からビブリオバトルに親しみ、バトル経験も数知れず。大勢の人におすすめ本の魅力を伝えてきました。 実は最初、戻ってきたフルコースの回答シートを拝見したところ、読書啓蒙的な「本の楽しみ方を知る」5冊だったんですが、私たちが過去の取材を通して知っている勝田さんのパワーというか個性をもうちょっと出してほしいなあと思い、再考をお願いしてしまいましたゴメンナサイ。
勝田 いえいえ!フルコースのお話をいただいた時点ではじめから、まったくの個人的な趣味路線とマジメ路線の2つを考えていたので、かえってこっちを使ってもらえてよかったです。
書店ナビ そう言っていただけるとありがたいです。読書家の勝田さんらしい恋愛本フルコース、早速いってみましょう!
[本日のフルコース] 読書男子がキュンとした恋愛本フルコース

前菜 そのテーマの入口となる読みやすい入門書

日々蝶々 森下suu  集英社 学校一の美少女として知られる無口な女の子すいれんと、空手一筋の男子川澄の不器用だけどお互いを想い、ゆっくりと進んでいく少女マンガ。絵もかわいらしいので、いろんな方におすすめです。

勝田 妹が買ってきて、帯の「大人気!」につられて読みました。互いの恋心にも気づいていないようなところから始まり、階段を一段ずつ上がっていく二人のラブストーリーです。
書店ナビ オジサン・オバサン読者はきっともどかしくてたまらなくなるのでしょうが、20代の勝田さんたちはそこに共鳴してキュンとする?
勝田 そうなんです、「あーーもーーー!」といいながら盛り上がる(笑)。ザ・少女マンガで《前菜》にいいなと思って、トップバッターにしました。全12巻、じっっくりとお楽しみください。

スープ 興味や好奇心がふくらんでいくおもしろ本

百瀬、こっちを向いて。  中田永一  祥伝社 自称「人間レベル2」の男子高校生が美少女、百瀬陽と付き合うことに。周りからも驚かれたが、実はそうなったのにはワケがあり…。表題作含め4編収録。恋愛の甘さや切なさ、全てが入っている短編集。 

書店ナビ 書店ナビ 著者の「中田永一」とは、乙一(おついち)さんの別名義。「百瀬」は2014年に早見あかりさん主演で映画化もされた作品です。
勝田 高校生特有の自分を卑下する気持ちがすごくリアルに描かれていて、自分の学生時代を思い出しました。読んでいくうちに「そ、そうだったの…?」と思わず寒気を覚えるところもありますが、最後には「そういうことか!」と納得できる展開に。甘い気持ちだけじゃなくて、人を好きになるっていいなと思わせてくれる本でした。

現在は図書館アルバイトの勝田さん。当初の「本の楽しみ方を知る5冊」のほうではビブリオバトル本や『本の逆襲』『痕跡本の世界』をあげてくれた。

魚料理 このテーマにはハズせない《王道》をいただく

空白の五マイル

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) 有川浩  KADOKAWA/角川書店 公序良俗に反する表現を取り締まる「メディア良化法」が成立した日本で、メディア良化法委員会と図書隊の抗争が勃発。笠原郁は図書特殊部隊に配置され…重たいテーマを取り扱う近未来設定ですが、物語自体は笠原中心の恋愛ストーリー。甘すぎるところもあるので読み手を選ぶかも。

書店ナビ 岡田准一さん主演の映画化2作でもおなじみ、熱狂的なファンが多い図書館戦争シリーズです。
勝田 表現の自由をめぐる話でもありますが、僕の中ではコテコテの恋愛小説にカテゴリーされています。憧れの“王子様”を追いかけて、やっとのことで出会えたのにイメージとのギャップにガッカリして、でもその後でまた人として好きになり直すなんて、もう…(笑)。 笠原以外の図書隊員たちの恋模様を描いた「別冊図書館戦争II」もあり、そちらもまた相当な破壊力です。僕でも「甘すぎね?」と思いますが、でもやっぱり胸キュンの魅力に抗えなくて読んじゃいます。 友達にも勧めたら「読む前は面白くなさそうだと思ったけど、ごめん、面白かったわ!」と言ってくれました。

肉料理 がっつりこってり。読みごたえのある決定本

メイン・ディッシュ 北森鴻  集英社   舞台女優ユリエの家に居候している“ミケさん”(男)は、料理人としても腕が立ち、おまけに日常生活で起きる不思議な謎も解ける人。そんなミケさんには秘密があり…物語が進むにつれて変わっていく二人の関係と本編最後の文章に思わずキュンとするミステリー小説です。

書店ナビ 《肉料理》にその名も『メイン・ディッシュ』という本を持ってくるとは! 世の中にはいろんなタイトルの本があるんですね。 勝田さんの解説を読むと、いままでの登場人物たちよりも少しリアルかつ大人度が上がった感じでしょうか。
勝田 そうですね、二人は恋人関係ではなくて同居人。でもミケさんが不意にいなくなったときのユリエさんの、本人も想像していなかった心の揺れが切ない…。 僕、2014年の全国大学ビブリオバトル北海道予選のとき、この本で出たんです。結果は残念でしたが、でも会場だった紀伊國屋書店さんから「勝田君が紹介した本が一番売れたよ」と言われたのが一番うれしかったです。

料理上手のミケさんが作るメニュ?にちなんだ各章のタイトル。勝田さんは「バレンタイン チャーハン」を作ったことがあるのだとか。誰に?

デザート スイーツでコースの余韻を楽しんで

ラビット病 山田詠美  新潮社 最初から最後まで主人公カップルの《ゆり&ロバート》がイチャイチャしているお話。周囲の人間もはじめはいろいろ忠告しますが、じきにお手上げになってしまうほど二人はいつも離れない。このバカップルさにほんわかした気持ちにさせられるスイート本です。

書店ナビ 『ベッドタイムアイズ』や『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』に代表されるように濃厚な情愛を描いてきた山田詠美さんがこの本を出したときは、随分と驚かれたものでした。他の山田作品は苦手でもこの本は好き、という人が多いと聞きます。
勝田 僕も、ビブリオバトルで知ったこの本で初めて山田作品を読みました。どんだけ好きあってるんだ!」と叫び出したくもなりますが、同時に「そこまで人を好きになれるのか」という純粋な驚きもありました。 自分もいつかこんな風に相手のことを思えるのか…まだワカンナイですね(笑)。

ごちそうさまトーク 紙からもらってきた感動たち

書店ナビ おすすめの恋愛本5冊を振り返ってみていかがですか?
勝田 人生の先輩である皆さんから見ると、いま23歳の自分はきっと“青い”んだろうなあって思います。でも恋愛ストーリーに限らず、昔からきれいな話が大好きで、紙の中でしかできないことにたくさんの感動や勇気をもらってきました。 大学でビブリオバトルに出会えて一番嬉しかったのは、本の話をできる友人たちが増えたこと。いまの社会人サークルで僕は最年少ですが、いつも先輩がたから面白い本を教えてもらっています。同世代のみんなにも読書の楽しさを少しでも広められたらうれしいです。
書店ナビ 勝田さんの純度の高い「読書LOVE」に私たちの胸まで熱くなる胸キュンフルコース、ごちそうさまでした!
●さっぽろビブル 興味があったらいつでもご連絡ください! https://www.facebook.com/sapporobibru
2015年5月から北海道書店ナビは書店員さんや編集者の方にお願いしています、「お好きなフルコースを作ってみませんか?」と。素材はもちろん皆さんが愛する本を使って。 《前菜》となる入門書から《デザート》として余韻を楽しむ一冊まで、フルコースの組み立て方もご本人次第。 読者の皆さまに、ひとつのテーマをたっぷりと味わいつくせる読書の喜びを提供します。